看護師の平均給料は?高月給めざして転職するのも有り?

「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。
漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。
昔は「看護士」が男性、看護婦は女性と明確に分けられていました。
それが、2001年に法律が改正され、女性にも男性にも使うことができる「看護師」としてまとめられることになったわけです。
看護師の業務に従事しながらお金の余裕を得たいと思ったら、サイドジョブがあります。
仕事がない日を利用してアルバイトなどを行う看護師は年ごとに増えてきています。
Wワークの長所は、何もしていない時間を有意義に使うことが出来て、別の仕事をすることで気分転換にもなる事です。
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師の必要性は拡大してきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを手がけています。
このようなケースは、その企業の社員として入社するといったこともあるでしょう。
全国で働く看護師がもらえる給料は平均437万円ていどです。
しかし、国立、市立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として仕事をしているため、平均年収は593万円ぐらいになります。
公務員看護師は給料のアップする割合も民間病院と比較すると高く、福利厚生も充実しております。
準看護師となると、看護師よりも平均年収が70万円ぐらい低いです。

看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】